40代冴えない男の日常

司法試験最終合格を目指し日々勉強をしている冴えない男の日記

判例(京都府学連事件ほか)

本日も憲法判例です。京都府学連事件です。立命館大学生の事件です。現在の学生では考えられないような事件です。争われた内容とは、現在では当たり前に言われているプライバシー権についてです。

内容については、格別難しいことはなくすんなり入りましたし、要件についても3つほどでしたので正直楽でした。ただ忘れるんですよ。再び戻ってきたときにはすんなり記憶復活と行きたいところですね。

これ以外にも三島由紀夫の宴のあと事件も少し確認していますので、次回潰すつもりです。